January 7, 2009

The Way Things Go

The Way Things Go

今日、" The Way Things Go " という映像を大学で見ました。
ペーター・フィッシュリとデヴィッド・ヴァイスの二人組が作った作品です。
この二人の詳しい情報はこっちから見ることができます。

日本では1987年に "事の次第" として放映されていたみたいです。
他にも、2006年にはコネクティング・ワールド展で出品されていました。
ちなみに、そのWEBページにはこんな風に紹介されていました。

何の変哲もない椅子,ガラスビンやバケツ,タイヤなどのがらくたが,次々とドミノ倒しのように連鎖反応を起こして展開する.転げる輪,流れる泡,噴出する煙など,モノからモノへさまざまな形でエネルギーが伝達されていく,綿密な仕掛けと偶然性が織りなす,スリリングな「パフォーマンス」.

スリリングかどうかは、きちんと映像を見ていただかないとわかりません。
けど、確かなことが一つだけあって、これを見ていた僕はずっと面白くて、
それでいておかしくて、思わず声を出して笑ってしまってたってこと。

Rube Goldberg machines

どうやら、この映像はルーブ・ゴールドバーグ・マシンという手法らしく、
アメリカの漫画家のルーブ・ゴールドバーグという方が編み出したようです。

 

他にも

ペーター・フィッシュリとデヴィッド・ヴァイスの作品には、
「ゆずれない事」、「正しい方向」という映像があるみたいです。