February 11, 2009

2009年の技術目標

今年に意識すること

今年と来年ぐらいに意識してこなすタスク」より

  • Mayaなどの3Dアニメーションパッケージに精通していること
  • MEL/Python/Perlなどスクリプト言語の知識
  • MayaAPI/mental ray shader APIなど、C/C++の知識
  • mental ray/RenderManの経験、知識
  • (LightingTDとかだと)シェーダ言語の経験、知識
  • UNIX系OSが扱えること(ここにsh/cshの知識が含まれてる場合もある)
  • 大学卒業レベルの数学(特にシェーダライター辺りの募集に多いかも)
  • コンピュータサイエンスまたはアート関連の大学を卒業

memlog というブログから引用しました。海外のプロダクションを例にとって、CGをやっていく上で必要となるであろう技術がまとめられています。主にTD向けですが、今回はこれを参考にしてみます。

 

自分なりの視点から

  • Mayaなどの3Dアニメーションパッケージに精通していること
  • 僕の場合だと3dsMaxだけれども、いまはソフトの違いは気にしない。
    アニメーションについて理解を深めていこうと思います。


  • MEL/Python/Perlなどスクリプト言語の知識
  • Python、最近全くいじってないですね。今年こそはなんとかものにしたい。


  • MayaAPI/mental ray shader APIなど、C/C++の知識
  • Pythonも大事ですが、C/C++も大事。
    まずはどっちから習得するか決めないとね。


  • mental ray/RenderManの経験、知識
  • RenderManか。大学にあったようななかったような・・・。
    それよりも、まずはmental rayを扱えるようにならないとダメか。


  • (LightingTDとかだと)シェーダ言語の経験、知識
  • シェーダ言語までは取りかかれそうもないですね。
    全く興味がない分野じゃないのだけれども、他の事も考えると難しい。
    もしやるとしたら、夏頃とか沢山時間が取れるときに一気にやりたい。


  • UNIX系OSが扱えること(ここにsh/cshの知識が含まれてる場合もある)
  • 新年度には卒研が始まります。その時にLinux(FedoraかUbuntu)を使おうと考えています。研究で使えなくても、もっとLinuxを使う習慣を付けたい。


  • 大学卒業レベルの数学(特にシェーダライター辺りの募集に多いかも)
  • 実は1月の半ばぐらいから数学をやり始めた。いまでも続いているから習慣化はされたかな。ゆっくりと気長にやっていきます。ただ、アルゴリズムの話とはまだ無縁の状態なので、あまりゆっくりともしていられない。


  • コンピュータサイエンスまたはアート関連の大学を卒業
  • 僕が通っている大学ってどうなんだろう。よくわからない区分です。
    工科大学だから、一応コンピュータサイエンスに分類できるのでしょうか。
    とりあえず、芸術大学ではないことは確かですね。

学ぶべき事は多い

学ぶべき事は多い。けれども、時間のことを考えると学べることは多くない。なんていったって、今年は就職活動をやらないといけません。卒研で結果を残さないといけません。それらをおろそかにするとCGがどうとか言っていられなくなりますから、これは必死です。

とりあえず、Ubuntuをもっと使うようにする。PythonかC++を使うようにする。mental ray をひたすら使う。勉強の経過をブログに載せまくる。それから絵も書いて書いて書きまくる。

がむしゃらにやる方法じゃだめだな。もう少しだけ賢くやっていく方法を探します。
GeneralistじゃなくてSpecialistを目指せるようにもっと絞ろう。