March 23, 2009

Ubuntu 8.10 インストール

Ubuntu 8.10 のインストール

前回は、思いっきり失敗しましたが、今回はうまくインストールできました。下記のURLからUbuntu 8.10のisoファイルをダウンロードしてCDに焼きました。それとサポート期限日も下記のURLでチェックしました。2010年4月までサポートされるみたいです。

こっちではなく、このUbuntuを選んだのはきれいなフォントが同梱されているからです。

ターミナル(端末)の設定

起動するためのショートカット設定

Alt + F2 で gconf-editor を起動させ、左側にあるメニューの "apps" から "metacity" の中の "global-keybinding" へ行き、"run-command-gnome-terminal" の "Value" に割り当てたいキーを入力します。(僕はF12にしました)

文字色と背景色(透過度)の設定

ターミナルを起動させ、メニューバーの"編集"から"プロファイルの設定"にある"色"を選択します。"システムのテーマ色を使用する"のチェックを外し、組み込みのスキームは"黒字に緑色文字"などします。(気分がMatrixだったので、僕はそうしました)引き続き、背景のタブをクリックして、透過な画像にするを選択して透過度を調節します。

変更前

変更後

下部メニューバー(パネル)を自動的に隠すように設定する

下にあるメニューバーが常に表示されていると、Firefoxのステータスバーなどが隠れてしまい見えなくなることがあります。それを回避するため、自動的に隠すようにします。

Alt + F2 から gconf-editor で "apps" から "panel" の中の "toplevels" に移動します。さらに、その中の "bottom_panel_screen" の値を変更していきます。

  1. auto_hideにチェックを入れる
  2. auto_hide_sizeの値を0に変更
  3. hide_delayの値を0に変更
  4. unhide_delayの値を0に変更

Mozilla Firefox の設定

BackSpaceキーへ割り当てる動作の設定

アドレスバーに"about:config"と入力します。次に"細心の注意を払って使用する"をクリックします。その後、現れたフィルタ欄 に"browser.backspace_action"と入力します。値の欄をダブルクリックして0, 1, 2 のいずれかの値を入れます。それぞれの値の意味は次の通り。

値が"0"の場合 : ページを戻す(前の履歴へ)
値が"1"の場合:下から上へスクロールする
値が"2"の場合:反応しない

Flash Player (プラグイン)のインストール

Synapticパッケージマネージャから、"flashplugin-nonfree"というパッケージを検索していんストールするか、ターミナルから "sudo apt-get install flashplugin-nonfree"と入力して、Enter。

ーとありましたので、Synaptci パッケージマネージャからインストールします。その後、Firefoxを再起動しYouTubeなどの動画共有サイトで映像が再生されるかを確認します。僕は、この方法で成功しました。

Add-on "Firebug"

Firebug は、Web ページを閲覧中にクリック一つで使える豊富な開発ツールを Firefox に統合します。あなたはあらゆる Web ページの CSS、HTML、及び JavaScript をリアルタイムに編集、デバッグ、またはモニタすることが出来ます。

"Firefoxへインストール"ボタンを押してインストールします。

デスクトップにアイコンを表示させる

Windowsでいうところの、"マイコンピュータ"、"マイドキュメント"、"マイネットワーク"、"ゴミ箱" を表示させます。Alt + F2 で gconf-editor を起動させます。

"apps" から "nautilus" の "desktop" を選択し、
"computer_icon_visible"、"home_icon_visible"、
"computer_icon_visible"、"trash_icon_visible"にチェックを入れます。

不必要なアプリケーションのアンインストール

Synaptic パッケージマネージャー を起動します。Ctrl + F 押して検索し、アンインストールする項目を右クリックします。削除指定あるいは完全削除指定のどちらかを選びます。

削除指定

パッケージは削除するが設定ファイルは残す。パッケージを再インストールした場合以前の設定が適用される。

完全削除指定

パッケージを設定ファイルを含め削除する。パッケージを再インストールした場合初期設定が適用される。

Tracker

日本語への対応具合がイマイチだし、放っておくとCPUとメモリを使いまくって邪魔なので削除。デスクトップ検索を利用したいならBeagleをインストールした方が良い。

とあったので、削除。関連性のあるものも同時に削除

Ekiga Phone

インターネット電話(?)です。僕はどちらかとSkype派です。
Synaptic パッケージマネージャー で ekiga と検索し削除します。

Evolution

メーラー(その他たくさん)です。僕はWindowsで"Mozilla Thunderbird"を使っています。
今回は"Evolution"にはお休みしてもらい、使用するソフトをWindowsと同じにします。

ただし、この作業は下手すると、Ubuntu自体の上下のメニューバー(パネル)が消えてしまう危険性(面倒な事になるかもしれません)があります。まだ慣れていない人は、もうしばらく経ってからチャレンジした方がいいかもしれません。

Synaptic パッケージマネージャー で evolution と検索し削除します。この際、依存しているものも自動的に選択されますが、アンインストールされる項目に"gnome-panel"があったら中止してください。Ubuntuの上下メニューバー(パネル)が消えてしまいます。
おそらく"evolution-data-server-common"を削除選択しない限り、"gnome-panel"がアンインストールされる項目に載ることはないと思います。

必要なアプリケーションのインストール

Mozilla Thunderbird

メールソフトです。
Synaptic パッケージマネージャー から thunderbird で検索してインストールします。

gFTP

FTPクライアントです。
Synaptic パッケージマネージャー から gftp で検索してインストールします。
あるいは、端末で $sudo apt-get install gftp でインストールします。

Skype

Synaptic パッケージマネージャーのメニューにある"設定"から"レポジトリ"を選択します。その後、表示されたウィンドウの"サードパーティのソフトウェア"タブを選び、下部にある"追加"ボタンを選択します。

deb http://download.skype.com/linux/repos/debian/ stable non-free

ーと入力します。