March 23, 2009

Ubuntu 8.10 と C言語

UbuntuでのC開発環境を整える

"build-essential"のインストール

Ubuntuにはlibc6-devが入っていないようでC言語のヘッダファイルがありません。これだとコンパイルするときに困るので対策を取ります。(ただ、単にインストールするだけです)

端末を起動して、以下の通りに入力し、build-essential をインストールします。(もしくは、Synaptic パッケージマネージャで "build-essential"と検索してインストールします。)

$ sudo apt-get install build-essential

試しにコンパイルしてみます

以下のような簡単なソースを用意します。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
    printf("hello, world\n");
    return 0;
}

コンパイルするには、端末で次のように入力します。

$ gcc -o hello hello.c

動作が完了したら、引き続き端末に入力します。

$ ./hello

すると、端末上に hello, world と出てきます。
これが出てきたら、ひとまずは終了です。