May 24, 2009

UbuntuとApache

Apache

校正などは後で行う

Ubuntu Server 8.04

Apacheのインストール

$ sudo apt-get install apache2

apache2.conf

apache2の設定ファイルは/etc/apache2/apache2.conf

もっと別のやり方があった。
> Ubuntu/apache2

/etc/apache2/conf.d の中にファイルを自分で作ると/etc/apache2/apache2.conf に反映されるみたいだ。

HostnameLookups Off
ServerTokens Prod
ServerSignature Off
CustomLog /var/log/apache2/access.log combined

subversion

subversionのインストール

参照: UbuntuにSubversionを入れてバージョン管理でもしてみる

$ sudo apt-get install subversion

WebDAV

参照: UbuntuでSubversion設定 (Apache WebDAV)

$ sudo apt-get install subversion libapache2-svn

dav_svn.conf

WebDAVの設定ファイルは/etc/apache2/apache2.conf

$ sudo vi etc/apache2/mods-enabled/dav_svn.conf

DAV svn
SVNPath /home/svn/repos
AuthType Basic
AuthName "Subversion Repository"
AuthUserFile /etc/apache2/dav_svn.passwd
Require valid-user

LocationでアクセスするURLを指定

SVNPathでsubversionのリポジトリディレクトリの指定

AuthTypeでBasic認証にし、パスワードファイルのパスをAuthUserFileで指定

dav_svn.passwd

dav_svn.passwdはhtpasswdコマンドで以下のように作成する。

$ htpasswd -c /etc/apach2/dav_svn.passwd hoge

リポジトリの作成

例えば、こんな感じで作る

$ sudo mkdir /home/svn
$ sudo svnadmin create /home/svn/repos
例外:同期させる

TracでSubversionのリポジトリを変更

ファイルオーナーの変更

ApacheがSubversionファイルを読めるようにする
例えば、こんな感じ

$ sudo chown -R www-data /home/svn

Apacheの再起動

変更を有効にするには再起動が必要

$ sudo /etc/init.d/apache2 restart

アクセスして確認

http://ホスト名/svn/test

この辺もやりたい

第3回 TracをLinuxにインストール,Tracの基本的な設定

Trac

sudo chown -R www-data /home/trac

とりあえず、Trac動いた。実際に使うのは情報をきちんと整理してからだね。
ちょっと疲れたから今日はこの辺で終わり。

Subversion入れたらTracも入れてみる

UbuntuでWebDAV

UbuntuにSubVersion+ViewVC+Tracをインストール

Apacheを完全に入れ直す方法

完全にって言ったら語弊がありますが、apacheを入れ直したいときなどには使えるのではないでしょうか。

$ sudo rm -rf /etc/apache2/
$ sudo apt-get remove apache2
$ sudo apt-get autoremove apache2
$ sudo apt-get purge apache2.2-common
$ sudo apt-get install apache2

Networking

どっかの誰かが勝手にLANケーブル抜いちゃったみたい。
(LANケーブル抜き差ししちゃった後とかも使えるよ)
ネットワークの再接続します。

$ sudo /etc/init.d/networking restart

NodeBox