July 15, 2009

本が届きました

本が届いた

昨日、大学の先生にお願いしていた本が届いていたので取りに行きました。テンションは最高潮です。

ここ最近は、技術的にわからないことがあったら本屋にいって立ち読みしていました。技術本の値段の高さには参ってしまうからです。そのため、本屋では中身をその場で"暗記"します。情報を得られたり、あるいは首が次第に痛くなってきたりしたら本屋を出ます。時間にして大体30分から45分ぐらいの立ち読みです。

大学あるいは自宅のパソコンの前に戻ったらば、本屋で得た知識を基にコーディングします。もちろん、時たま暗記したはずのところがわからなくなってまた本屋に戻るということもあります。これが結構辛い。時間的なところよりも体力的なところよりも店員さんが「また、こいつ来てんのかよ」視線を送っているのではなかろうかという辛さ、つまり精神的なところが辛い。実際には店員さんはそのようなことを思っていなくて、僕の勝手な想像です。

でも、本が手元に来たのでそんな想像をする必要がなくなりました。それに本の内容をノートにとることができて、まとめることができますし、より深い試行錯誤ができるようになります。なによりも本に線も引くことができるのが一番嬉しい。

先生、ありがとー。