September 24, 2009

High-Defコンテンツを初めて作りました

この前までHigh-Defコンテンツの制作をしていました。全て初めてのことだらけで終始混乱してばかりでしたが、たくさんの方々のご支援、ご協力の甲斐あって、無事に作品が完成しました。一重に皆様のお陰です。心から感謝します。

photo_090924_01

制作した映像は本日から開催されている東京ゲームショウ2009向けのプロモーションビデオです。ゲームスクールコーナの6-N16にある東京工科大学のブースで"PlayStation3"を用いて大型液晶ディスプレイ上に映し出されます。なお、この映像は"東京工科大学 インタラクティブゲーム制作 東京ゲームショウ2009 特設ページ"に最適化されたサイズのものであればウェブ上で閲覧可能です。

東京工科大学 インタラクティブゲーム制作 東京ゲームショウ2009 特設ページ: ゲーム作品紹介

出展されている4作品の内、ゆめみびと、RecurREnce、MAGNUSPIRITUSの計3作品を8月10日から9月20日にかけて制作いたしました。顔合わせ、たたき台を起こすために字コンテ(文字のみで粗編のものを私はそのように称しています)を作り、絵コンテを作り、実際のゲームプレイ動画の撮影、Autodesk Maya, Adobe After Effects, Apple Final Cut Proなどを用いて書き出しまでを含めた制作を行い、Apple QuickTime Pro, Microsoft Windows Media Encoderでエンコードと様々な作業を経て完成に至りました。(工程数としてはそれほど多くはありません)

photo_090924_01

以前、このブログに書いた町田で打ち合わせはこのコンテンツに関する打ち合わせでした。いま、思い返せばこの時から問題続きだったような気がします。山積みとなっている問題をどう解消していくか悩みに悩みました。

ここ数日は、このプロモーションビデオ制作の際に気づいたこと、学んだことなどを中心に書いていきます。