February 18, 2010

AVATARをIMAXで観てきました

photo_20100217_01

AVATARを観てきました。場所はIMAXを備えている川崎の109シネマズです。70ミリフィルムに収められたジェームズ・キャメロン監督の作品を立体視映像で十分に堪能してきました。結果は大変満足でした。座布団100枚です。

さて、このAVATARの総制作費はおよそ3億ドルほどだと言われていますね。 興行収入は封切されてから40日近くたった時点で、およそ18億5500万ドルです。

宮崎駿監督に思いっきり影響を受けたのだろうということをまず最初に抱きましたが、 トルーク・マクトみたいに空を自由に飛び回れたら、どんなに楽しいことだろうと思いました。

あと観ている途中に無性に叫びたくなります。 ジェイクと一緒に「ふぉーーー!」って雄叫びを挙げたくなります。 おそらく、これは僕だけかもしれませんね(笑

それにしても、ジェームズ・キャメロン監督はAVATARでもなくタイタニックでもなくターミネーターを作ったというイメージがとても強いです。それも少ない予算でやりくりして作っていたイメージがとてつもなく大きいです。

人間ってどこで化けるのでしょうね。