May 16, 2010

コンポジットソフトウェアで照明を当てなおす

最近, An Efficient Representation for Irradiance Environment Maps に興味を持って読みすすめています.きっかけとしてはこんな感じです. 例えば, 3DCGオーサリングソフトから出力したデータをコンポジットソフトウェアでブラー効果を適用するときに, ベロシティを使いコンポジットソフトウェアで調整をしやすくする方法は想像できます. では, コンポジットソフトウェアで照明を当てなおしたい場合はどうしましょうか.コンポジットソフトウェアで照明を当てなおしたい場合, スペキュラ反射やディフューズ反射, あるいはランバート反射などのBRDFモデルを使用するしかないと考えています. そうなると, コンポジットソフトウェアでラディアンスを算出できないといけません. これは照明を当てなおすのであって, すでに照明効果を付けているものに加えるわけではからです.続く......