April 30, 2012

軽量マークアップ言語Markdownの導入

はじめに

この記事は以下に記載する環境に2つのファイルをインストールすることでMarkdownを導入できる方法を取りあげる。なお、Markdownについては Daring Fireball: MarkdownWikipediaのMarkdownを参照のこと。

環境

  • Mac OS X Lion 10.7.3
  • Emacs 23.4(9.0)

インストールするファイル

  1. Markdown.plの導入
  2. Markdown-mode.elの導入

インストール

1. Markdown.plの導入

使用するバージョンは1.0.1とする。

1.1 Markdown.plの入手と設置

$ cd ~/$ wget http://daringfireball.net/projects/downloads/Markdown_1.0.1.zip$ unzip Markdown_1.0.1.zip$ sudo cp Markdown_1.0.1/Markdown.pl usr/local/bin/markdown$ ls /usr/local/bindrwxr-xr-x	5 root	admin	  170  4 30 12:53 .drwxr-xr-x	 6 root	 admin	   204	4 30 23:07 ..-rwxr-xr-x@ 1 root  admin   35622  4 30 12:30 markdown

1-2. 環境変数(パス)の確認

whichコマンドを使い、パスが通っているか確認する。パスが返ってきたら成功とする。万が一、期待する動作にならない場合はシェルの設定ファイルのパスに関する記述を見直すか、自力で対処法を見つけてほしい。

$ which markdown

1-3. 動作確認

解凍したZipファイルの中にMarkdown形式で記述されているファイルがある。そのファイルを使ってHTMLファイルが作成できるか確認する。万が一、期待する動作にならない場合は自力で対処法を見つけてほしい。

$ cd /Markdown_1.0.1$ markdown Markdown Readme.text &gt; README.html$ open README.html</code></pre><h3>2. markdown-mode.elの導入</h3><p>gitで配布しているものを使用する。使用するものはコミット番号c3f86536a33ae30263cb7dccd049758939e45082である。 </p><p>2.1 markdown-mode.elの入手と設置</p><pre><code>$ cd ~/repository$ git clone git://jblevins.org/git/markdown-mode.git$ ln -s ~/markdown-mode/markdown-mode.el .emacs.d/lisp/markdown-mode.el

2.2 init.elの編集

(add-to-list 'load-path "~/.emacs.d/lisp") ;; パス設定(autoload 'markdown-mode "markdown-mode")	 ;; モード名の定義(setq auto-mode-alist (cons '("\\.md" . markdown-mode) auto-mode-alist)) ;; markdownのファイル拡張子の定義(setq markdown-command-needs-filename t)   ;; プレビュー時に日本語が消えるのを回避

3. 使い方

4. 参考資料