July 2, 2014

Dev and OpsとISO/IEC 20000

最近、Dev and Opsという言葉をインターネットで目にする。この単語の出自は, O'Reillyが開いたVelocity 2009でのFlickrが担当したセッションだと言われている。当時のセッションのスライドとその動画は下記のリンクから確認できる。

言葉が出てきてからだいぶ時間が絶っているので、日本語記事もいくつか確認できる。例えば、@ITではDev and Opsに関する特集が組まれている。

この特集では「開発(Development)と運用(Operations)が協力し、ビジネス要求に対して、より柔軟に、スピーディに対応できるシステムを作り上げるためのプラクティス」とある。しかし、この点で関して言えば、すでにISO/IEC 2000, ITIL, ITSMS辺りの担当領域ではなかったのか。

そういった状況の中で以下の資料と出会った。

結論からみると、もう少し掘り下げて調べてみないとわからない。きちんと調べるには国会図書館に行く必要がありそうだ。