May 29, 2016

Terminal.appで開いたEmacsでフレームのサイズを変更する

Emacs.appでフレームのサイズを調整したい場合はマウス操作で可能ですが、Terminal.appでEmacsを開いている場合にはできません。キーボード操作だけで済ます必要があります。

キーボードだけでフレームサイズを変更するには以下のコマンドを使います。

コマンド キー
enlarge-window Ctrl-x^
shrink-window N/A (初期状態では未設定)
enlarge-window-horizontally Ctrl-x}
shrink-window-horizontally Ctrl-x{

ただし、enlarge/shrink-window - tototoshi の日記 と同じ意見で、標準のキーバインドのままで、そのコマンドを繰り返し実行するのは辛く感じました。

そこで修飾キーと矢印キーの組み合わせに対してコマンドを割り当ててみたのですが動かず。調べてみると、Terminal.appの環境設定からプロファイルを開き、キーボードに設定を追加する必要があるとわかりました。以下の記事が参考になります。

以下の記事にあるようにキーバインディングはglobal-mapよりもlocal-mapの方が優先されますので、メジャーモードによってはグローバルに割り当てたキーバインディングを上書きするかもしれません。その場合は各メジャーモードのhookでlocalをunset-keyすることを検討します。