世界報道写真展に行ってきた

随分と前の話になりますが、世界報道写真展に6月13日に行ってきました。<!–more–> <p style="text-align: center;"><a rel="attachment wp-att-660" href="https://www.hiroakit.com/blog/archives/659/photo_090815_01"><img class="size-large wp-image-660 aligncenter" title="photo_090815_01" src="https://www.hiroakit.com/blog/photo/photo_090815_01-360x480.png" alt="photo_090815_01" width="360" height="480" /></a></p>

会場は恵比寿ガーデンプレイスにある東京都写真美術館の地下1階展示室でした。このイベント以外にも何度か訪れたことがあるので特に何も思いません。しかしながら、一つだけ言わせて欲しいです。この会場はとても静かなんです。普通は「そうだろう」と思うかもしれません(意外に騒がしい展示会場はたくさんありますよ)。 <ul> <li>グレブ・ガラニチ</li> <li>セバスチャン・デスーザ</li> <li>フランク・ロビション</li> </ul> 展示会場ではメモをとっていましたがそれがどこかへ紛失してしまいました。資料整理などをしている際に誤って一緒に捨ててしまったのかもしれません。この写真家たちの作品が気に入ったのでメモを取ったのですけれども、正直とてもショックです。何のために勉強しに行ったのか全くわかりません。 <ul> <li><a href="https://photo.kaza.jp/?eid=1044874" target="_blank">KazaLogue "写真のかざろぐ" | V.A.写真展" 世界報道写真展2009"</a></li> <li><a href="https://d.hatena.ne.jp/azusai/20090801/1249088212">世界報道写真展2009は夜八時まで開いていたりもする - azusaiの日記</a></li> </ul> セバスチャン・デスーザ氏は<a href="https://websmz.seesaa.net/article/113019325.html">websmz: Neil Young saw it first</a>の下の方に顔写真が載っていますね。ムンバイのテロの際に撮影した写真のことなどについてインタビューを受けています。<a href="https://franckrobichon.com/index2.htm">Franck Robichon</a>氏のブログ記事は見当たりませんでしたが、自身のサイトと覚しきものを見つけました。また、いくつかの雑誌で写真が使われいたりするみたいです。グレブ・ガラニチ氏はインターネット上では見つかりませんでした。メモを取るときに間違えたのでしょうか。

何より一番問題だなと感じるのは写真家のことについて全く知らないという点です。この辺りも勉強しないとまずいですね。「写真家の事なんて知りません」なんてことは口が裂けても言いたくありません。