June 19, 2016

CyberduckでAWS S3にファイルをアップロード

Cyberduckを使えば、フォルダ構造を維持して、AWS S3にファイルをアップロードできる。 ファイルのアップロード自体はAWS S3のフロントエンドのウェブページで出来るが、フォルダ構造は自分で作る必要があり、やや手間がかかる。 実際のところ、今まではAWS S3をお試し程度の利用であったため、アップロード作業時に不便さを感じていなかったが、ウェブサイトをHugoで生成するようになってから、フォルダ構造を維持したまま、一括でアップロードしたくて、アップロードしたくて震えるようになった。 なお、本件に新鮮さはない。すでに別のブログで取り扱われている題材である。下記に参考資料としてまとめた。 Amazon S3 再入門 – AWS IAMでアクセスしてみよう!(Cyberduck 編) | cloudpack技術情報サイト Amazon S3 専用のアカウントを作ってみよう (フェンリル | デベロッパーズブログ) CyberduckとIAMユーザー 上図はCyberduckでAWS S3に接続する際の設定画面だ。この画面では以下を入力する。 アクセスキーID シークレットアクセスキー これらのキーを入力すれば、AWS S3に接続できるのだが、そのキーはIAMユーザー作成時に入手できる。IAMユーザーはAWS Identity and Access Managementで作成できる。IAMについては下記を参照されたい。 IAM とは - AWS Identity and Access Management IAMユーザーの作成 IAMユーザーにはユーザーとグループの概念があるので、まだ一度も作っていない場合は、下記の手順で進むことになる。 グループ作成 ユーザー作成 IAMユーザーのパスワードを設定する IAMユーザーでログインする グループ作成 まずはグループを作る。小規模ならユーザーごとにポリシーを適用するだけで済むが、概念化できないので、確認ミスが起きやすい。それを回避するためにグループの定義が要る。 グループの作成手順は以下の通り。 AWSコンソールからIdentity & Access Managementにアクセスする Identity & Access Managementのサイドメニューにある「グループ」をクリックする 「新しいグループの作成」をクリックする。「新しいグループの作成ウィザード」が表示される グループ名を入力する ポリシーをアタッチする (今回は「AmazonS3FullAccess」を選択した) 確認画面で入力内容を見直す 参考までに、以下に図を残す。 Read more